当サイトはPRが含まれています。

社労士独学

【社労士 択一 40点台!】ここからが合格までの勝負どころ

 

この記事を書いている私は、社労士試験合格者です。受験生のときは、同じ疑問や悩みをもっていたので、経験者でないと絶対にわからないことを伝えます

 

わかること!

社労士試験の択一が40点台なら、合格までもうひと踏ん張り!

 

ここでは、筆者の経験から社労士試験は択一40点台になってから実践した勉強法を書きます。

ほんと、社労士試験に合格するための最大の壁がここからです!

 

✓ ここからがマジで勝負です!

・過去の本試験や模試を受けて、ほとんど択一の点数が40点台が取れる。

・そして、ほぼ択一で30点台をとることがない。

 

結論をいうと、択一の点数が40点台の実力なら、かなり合格ラインまできています。

理由は、社労士試験の合格するには、択一の点数は40点台を取る実力が必要だからです。

社労士試験に合格するには、択一の点数が40点台からが、合格までのほんとうの勝負ということがわかります!

 

 社労士の択一が40点台からが合格までの本当の勝負!

 

これまでの勉強を続ける

社労士試験は択一が40点台まで取れるなら、合格が手に届くところまできている。

これまで勉強してきたことが、もう記憶としてかなり定着しています。

理由は、社労士試験の択一で40点を取れていることが何よりの証拠です。

ほんと、中途半端な勉強で社労士の択一で40点台は取れないし、ここまで続けてきた勉強に自信をもっていいです!

ここからは、これまでの勉強を続けるだけ。

点数が思うように伸びないときは、ほんとうに『この勉強方法で正しいのかな?』と考えてきたと思います。

これまでの勉強方法は『正しかった』と自信を持っていきましょう!

 

社労士試験の択一40点台にするのに過去問をひたすら解く?

これまで勉強を重ねて、択一40点台を取れるところまでくると、模試や本試験でも安定して得点できるようになります。

ただ、社労士試験の択一合格点は例年43点~47点と年度によって変化があるので、確実に合格する実力と考えると50点台を目指したいところです。

とはいえ、過去問ばかり解いたとしても択一で40点~50点台を安定して取れるようにはなりません

バランスが大事で過去問を解いたら、テキストに戻って関連する知識を覚える、そして過去問とテキストを相互にリンクさせながら学習しないといけません。

社労士試験は択一30点台から40点台にするには、過去問の繰り返しやテキストの基本事項の確認することで、十分到達することは可能です。

とにかく、テキストの読み込みと過去問学習がものすごく大切で、この2つが組み合わさって社労士試験で択一40点台~50点台を安定して取り続けることができます!

 

過去問だけの学習で合格できるの?気になる方は、ぜひ下記の記事もご覧ください。

>> 【独学で過去問だけ!】で社労士試験に合格できるのか

 

完璧は目指さない社労士試験の択一勉強法

択一式は各科目10点満点なので、満点を目指す勉強をするのはまったくおすすめしません。

コツは「7点前後」をしっかり取れるよう、過去問を勉強することです。

社労士試験の択一は7教科70点満点ですが、例年の合格点を見ると6割強取れていると基準を満たしてます。

ということは、1教科で7点取れば「49点」の7割得点できるので、択一なら合格基準は確実と言えますよね。

だから、択一の勉強は1教科ごとに「3問」間違えても問題なく、そう考えると勉強の仕方はまったく変わります!

択一式で7割取るためなら、過去問で出題される難問はバッサリ捨てて、基本から応用までの問題を繰り返し解いて、本番で類似の問題が出題されたら絶対に間違わないよう勉強すれば良いということですね。

完璧を目指さない択一の勉強方法もあることを、いまここで冷静に考えてることも受験テクニックの1つです

 

社労士試験の択一学習におすすめ過去問アプリ

今からお伝えする過去問アプリは、かなり有益な情報になります!

私も実際に使っていた「資格の大原」が取り扱っている、スマホでも学習できる社労士トレーニング問題集アプリです。

もちろん、テキストと過去問学習が基本になりますが、トレーニング問題集を活用すればスキマ時間を使って、ちょっとした空き時間で数問解けることが可能になります。

社労士試験で今よりもっと安定して40点台、確実に合格ラインとなる50点台を目指すなら、ぜひ取り入れてほしい学習ツールなので絶対におすすめできます!

 

大原の社労士トレーニング問題集を詳しく知りたい方は、下記の記事をぜひご覧ください。

>> 【社労士 資格の大原! 】過去問アプリはお手頃価格でおすすめ

 

社労士試験択一40点台になったら最後の砦が選択式の労一

社労士試験の択一が40点台まで取れるようになると、選択式も合格ラインまで得点できるはずです。

合格ラインの実力なら、多くの受験生が最後にぶつかるのが『選択式の労一』だと思います。

理由は、選択式の労一は勉強した範囲外から出題されることがほとんどだからです。

どんなに択一が高得点が取れる実力者でも、手薄なところを出題してくる選択式の労一のために、たった1点足りずに不合格になるのが社労士試験です。

どうやって労一の選択式で3点を確保するのか、択一が40点台まで取れるようになってから立ちはだかる最後の壁です!

社労士試験は択一が40点台になったら、選択式の労一対策がほんとうに大切なので本格的に取り組みましょう!

 

  • 資格の大原 択一式直前対策講座
択一式直前対策演習 Web通信
  • 学習:WEB通信
  • 開講:2024年6月
  • 対象:初学者・独学者
  • 料金:24,000円(税込)

 

下記、公式サイトから詳細を確認できます。

>> 資格の大原 択一式直前対策演習 Web通信

 

 まとめ(社労士 択一 40点台)

 

社労士試験の択一40点台まで取れるなら、社労士試験の合格が現実的に感じてきます。

社労士試験は、合格が見えてきたところからがほんとうの勝負。

筆者の経験から、択一40点台を取れるなら、過去問は5回転以上はまわしているはずです。

ここからは、新しい勉強よりも過去問の精度をあげるため丁寧に反復させる。

あとは、これまでの勉強を信じて続ける!

ここまできたら、合格するまで諦めずにチャレンジするしかありません。

 

合格する最後の切り札は、不合格になっても絶対に諦めない気持ちです!

 

この気持ちを持ち続けることが、どれだけむずかしいことか知っています。

だけど、最後は『諦めない』気持ちしかないんです、ほんとうに!

ただ、独学で合格点を超えるのに限界を感じているなら、受験のプロである予備校を活用することが効果的です。

社労士試験で択一40点台まで得点できる実力があるなら、あとは予備校を活用すれば実力を一気に高める可能性が格段に高まります。

応援しています!

 

24時間でインプット学習が完了

資格の大原時間の達人シリーズ社労士24
【必見!社労士24】資格の大原時間の達人シリーズ(2025料金)

資格の大原社労士24 (料金等)2025年受験対策   資格を取りたいと考えている方なら、だれもが知っているのが「資格の大原」です! 当記事では、大原の社労士講座の中でも、特に受講者が急増し ...

続きを見る

初学者・経験者に最適の大原社労士講座

資格の大原2024年度社労士講座一覧
【2024年受験対策!大原 社労士】社会保険労務士コース講座一覧

資格の大原 社会保険労務士講座一覧     当記事では、資格の大原「社労士講座」を紹介します。 資格の大原は、大手予備校として社労士試験の合格者を数多く出している「信頼・実績」があ ...

続きを見る

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しゃろうむ君

『1つのこと』を極めたい!この思いで仕事と勉強を両立して社労士試験に合格。これからやりたいこと→「労働・社会保険関連の専門書籍」を出すこと ≪実績≫社会保険労務士試験合格者 ≪実務経験≫労務・社保関連事務10年以上従事

-社労士独学