社労士受験資格

【最短!学歴が高卒から短大卒へ】社労士の受験資格を得る方法

 

 

知りたいこと

社労士試験を受けたいけど、高卒で受験資格がないからどうしたらいいの?

短大卒じゃないと受験資格はないの?

 

はじめに

筆者は専門学校卒(専門士)で社労士試験の受験資格がありました。社労士という目標を持ったときに、学歴で受験資格がないのはもったいない。だから、高卒から短大卒の学位が得られる方法を調べたので読んでほしいと思い書きました!

 

社労士試験を受けたいけど、高卒で受験要件が満たさない場合は、自由が丘産能短期大学通信教育の社会保険労務士コースで高卒から短大卒の学位取得で受験資格を得られます。

この記事を読むことで、大学(短大)の通信教育課程で学び、学歴が高卒から短大卒になり、しかも社労士試験の勉強に直結した効率的な方法がわかります。

それでは、順番に説明していきますね。

 

 

1 【最短!学歴が高卒から短大卒へ】社労士の受験資格を得る方法

 

結論は、高卒で社労士資格の受験資格が満たせないなら、自由が丘産能短期大学通信教育の社会保険労務士コースで短大卒の学位を取得することで『社労士の受験資格』が得られます。

 

短大卒を目指す!産能短期大学通信教育

 

社会保険労務士コース

 

高卒から短大卒の学位を取得するなら、自由が丘産能短期大学通信教育社会保険労務士コースがおすすめです。

 

☑概要(産能短期大学通信教育)

・高卒から短大卒の学位がとれる

・卒業に必要な単位数62単位

・授業科目が社労士試験の科目である

 

そして、メリットは高卒から短大卒の学位を取得するだけでなく、授業科目が社労士試験に関連する科目を学べます。

2年間は短大の授業で社労士科目を学び、卒業後に社労士試験に挑戦も可能です。

学歴が高卒で社労士試験の受験資格がない社会人にとって、短大卒の学位も取れて試験に直結する社労士コースで勉強できる環境はすごく効率的です。

授業科目は、一般教養もありますが「専門性を磨くための科目」で社労士試験に関連する授業が組まれています。

 

☑専門性を磨くための科目

・社労士の基礎を学ぶ

・労働基準法

・労働安全衛生法

・労働者災害補償保険法

・雇用保険法

・労働保険徴収法

・労務管理その他の労働に関する一般常識

・社会保険に関する一般常識

・健康保険法

・国民健康保険法

・厚生年金保険法

・人事労務管理

 

まさしく、社労士試験に出題される科目がそのまま授業で学べますね。

 

費用(短大卒)について

 

短大卒の資格が得られるとしても、通信教育の学費が気になるところですよね。

 

☑学費

・入  学  金   30,000円(1年次のみ)

・授  業  料  400,000円(2年間総額)

※(200,000円/年』

・書類選考料  10,000円

 

ここを確認!

令和3年3月時点の公式サイトHPに掲載している授業料となります。

必ず、授業料は公式サイトで確認しましょう!

 

通学の大学(短大)と比べても学費が安く、高卒から短大卒の学位を取得することも経済的に可能な金額ですよね。

 

通信授業について

 

通信教育の学習はどのように進めていくのか、ここが気になるところですよね。

 

パソコン、タブレット、スマホなどのインターネットに接続できる環境が必須です!

 

☑学習方法

・自宅でのテキスト学習が基本

・リポート提出

・科目修得試験

 

これが授業の流れとなっています。

科目修得試験についても、2021年度から完全Web試験となっていますので、忙しい社会人にとっては学習する負担が少ないこともメリットですね。

社会人にとっては、仕事と勉強を両立させることはかなりの負担です。

パソコンなどの端末で自宅学習し、単位を修得でき『短大卒』の学位が取れる通信教育は可能性を大きく広げてくれます。

社労士試験に挑戦したいのに高卒で受験資格がないからと、学歴で受験できないとあきらめる必要はありません。

自由が丘産能短期大学通信教育で高卒から短大卒の学位を取得して目標を大きく前進できます。

 

受験資格をもっと知りたい!

【誰でもわかる!】社労士の受験資格をわかりやすくまとめました』の記事でくわしく解説していますので、ぜひこちらも見てください。

 

2 まとめ(通信教育で短大卒も可能)

 

社労士試験は学歴要件があるので、高卒では受験資格がなく試験を受けることはできません。

学歴で受験資格を得るには『短大卒』以上の学位が必要です。

専門学校を卒業して「専門士または高度専門士」も受験資格があります。

学歴要件以外に「実務経験または国家資格合格」も受験資格があります。

もし、実務経験や国家試験合格による受験資格がなく、最終学歴が高卒なら社労士試験の受験資格がないので、大学(短大)の通信教育課程を卒業して短大卒の学位を取得することが現実的です。

簡単に決められることではないけど、通信教育課程で学べるチャンスがあるなら、社労士試験の合格に向けた効率的な選択であるのは間違いありません。

応援しています!!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しゃろうむ君

『1つのこと』を極めたい!この思いで仕事と勉強を両立して社労士試験に合格。これからやりたいこと→「労働・社会保険関連の専門書籍」を出すこと ≪実績≫社会保険労務士試験合格者 ≪実務経験≫労務・社保関連事務10年以上従事

-社労士受験資格