社労士受験資格

【社労士 受験資格 高卒!】いちばん知りたいことがここ!

 

この記事を書いている私は、社労士試験合格者です。受験生のときは、同じ疑問や悩みをもっていたので、経験者でないと絶対にわからないことを伝えます

 

社労士試験は、だれでも受けられる試験ではなく一定の受験資格があります。

学歴要件なら「短大卒以上」となっているので、高卒では受験資格がありません

ですが、「実務経験」と「試験合格」のいずれかを満たす場合、高卒でも社労士試験の受験資格があります。

とくに、私は試験合格のうち「行政書士試験」に合格することが、社労士試験の受験資格を得る最短コースだと考えています

行政書士試験合格についても、このあと書いているのでぜひ参考にしてください。

この記事を最後まで読んでもらえれば、高卒でも一定要件を満たすことで、社労士試験の受験資格を得ることがわかります!

 

注意ポイント

受験資格の「有無」については、必ず社会保険労務士試験オフィシャルサイトで最終確認してください。

 

1 社労士試験の高卒受験資格について

 

学歴が高卒で社労士試験の受験資格はあるのか

まず、はじめに書いたとおり「高卒」なら社労士の受験資格はありません。

なぜ、高卒では社労士試験を受けることができないのか、

ポイント

✔ 理由は学歴要件なら短大卒以上となっているから

 

学歴要件で受験資格を満たす条件は、短大卒以上となる必要があります。

とはいっても、社会人の方なら高卒から短大卒以上とすることはむずかしいことです。

その場合、次で解説する方法なら高卒から短大卒になりますが、熟慮が必要なことなので参考程度に見てもらえればと思います。

 

通信教育で高卒から短大卒で社労士の受験資格を得る

高卒で社労士試験の受験資格がない場合、通信制の短期大学を卒業する選択肢もあります。

こちらの通信制短期大学なら、社労士の受験資格を満たすことができます。

✔ 産業能率大学通信教育課程社会保険労務士コース

 

産業能率大学なら、社会保険労務士コースがあり学歴と同時に試験対策が可能となります。

社会人でも、通信制なら学業と仕事どちらもなんとか両立可能な範囲ではと思います。

卒業後は、短大卒と同時に社労士試験にチャレンジできます。

ただし、現状を考えて、十分に検討したうえで決断しなければなりません。

 

2 高卒で社労士の受験資格を得るには

 

高卒から実務経験で社労士の受験資格を得る

次に、高卒で受験資格がない場合、実務経験で社労士の受験資格を満たす方法です。

高卒でも社労士試験の受験資格として、認められる主な実務経験として、

✔ 法人(会社)で労働社会保険諸法令の事務を通算して3年以上

✔ 公務員として行政事務を通算して3年以上

✔ 全国健康保険協会等で従事し通算して3年以上

✔ 社労士事務所や弁護士事務所の補助業務が通算して3年以上

 

上記の実務経験として、法人(会社)の総務課や人事課などがイメージしやすいですね。

入職退職手続、社会保険手続、雇用保険手続などを行う事務職です。

これらの事務手続きをする方は、

・全国健康保険協会、年金事務所

・ハローワーク、労働基準監督署

 

このような行政機関等に対して、手続書類を提出する業務をしています。

まずは、ご自分の実務経験として該当する経歴があるか確認することが大切です。

もし、該当するか心配なら社労士試験センターに問い合わせをしましょう。

 

高卒から試験合格で社労士の受験資格を得る

次に、高卒で受験資格がない場合、試験合格で社労士の受験資格を満たす方法です。

高卒でも社労士試験の受験資格として、認められる主な試験合格として、

✔ 厚生労働大臣が認めた国家試験に合格した者

✔ 司法試験予備試験等に合格した者

✔ 行政書士試験に合格した者

 

厚生労働大臣が認めた試験合格、司法試験予備試験等に合格したものとあります。

社労士の受験資格として認められる、国家試験等の範囲がかなりひろく、

・国家公務員試験合格者、情報処理技術者試験

・1・2級建築施工管理技士、第1・2種電気主任技術者

 

公務員試験や情報処理試験など、一見関連がないと思いますが、社労士試験の受験資格として認められています。

学歴が高卒であっても、国家資格等の試験は受験できるものがあります。

これまで取得した資格で、社労士の受験資格がないか確認してみましょう!

 

3 最短で社労士の受験資格をめざすなら行政書士試験合格

 

行政書士試験に合格すれば学歴が高卒でも社労士試験の受験資格を満たす

学歴・実務経験で受験資格が満たせないなら、行政書士試験合格をめざす方法があります。

社労士試験と同様、行政書士試験の合格率も10%前後とむずかしい試験です。

ですが、行政書士試験に受験資格はなく、だれでも受けることができます。

また、行政書士試験に合格できれば、社労士試験を受けるうえでも弾みになりますね。

 

行政書士試験に独学合格は可能なのか

行政書士試験にチャレンジするのに、独学でも合格できるのか気になると思います。

勉強方法については、独学それとも予備校を利用するのかは自由です。

ただ、私は独学で行政書士試験を2回受けましたが、やはり予備校を利用するのが効率的

独学だと「過去問を解く」「テキストを読む」など、ポイントが理解できず非効率です。

行政書士試験に合格するためには、法律を読み解く力というのが必要だと実感しています

そのためには、予備校で講義を聞き、法律を体系的に学ぶことが重要です。

私の経験から独学ではなく、合格の可能性をより高めてくれる予備校で勉強することを強くおすすめします。

フォーサイトは、タブレット学習も可能で教育訓練給付対象講座です!

⇒ フォーサイト公式HP(行政書士通信講座)

スタディングは、低価格・タブレット学習・スキマ時間で学習可能な講座です!

⇒ スタディング公式HP(行政書士通信講座)

 

社会人こそ高卒から社労士受験資格を満たす最短コース

社会人の方であれば、行政書士試験合格をめざすのが現実的な選択肢だと考えます。

学歴を高卒から短大卒以上にすることや、実務経験なら職種によっては受験資格を満たせない、どちらにしても現状ではどうしようもないことだってあります。

その場合、実力で行政書士試験に合格して社労士試験の受験資格を得ることが確実です。

ただし、行政書士もむずかしい試験です。

私も実体験しているので、独学1年ですぐに合格できる保証なんてありません。

そのため、行政書士試験の合格可能性を高めたいなら、予備校を検討する必要があります。

社労士試験の合格が目標なら、行政書士試験の合格は可能な限り最短であるべきです。

経験からハッキリ言えますが、行政書士試験を独学で効率よく勉強することはむずかしいです。

 

やはり、予備校を検討することを強くおすすめします!

 

5 まとめ(高卒の社労士受験資格について)

 

社労士試験を受けるには、学歴が高卒では受験資格がありません。

ですが、実務経験や試験合格のいずれか1つを満たせば社労士試験の受験資格があります。

もういちど、ご自身の経歴や取得した資格を確認してみましょう。

その際は、必ずご自身で社会保険労務士試験オフィシャルサイトで最終的に確認することも忘れないでください。

学歴や実務経験で受験資格を満たせないなら、社会人なら行政書士試験というルートが現実的になるかと思います。

行政書士試験合格をめざすなら、先ほどご紹介した予備校も選択肢として検討してください。

私も社労士試験を独学で勉強しましたが、合格までかなりの年数が経過しました。

私がもういちど社労士試験を受けるのであれば、はじめから予備校を選択します。

やはり、予備校を利用すればプロの指導を受けるための自分への未来の投資です

それだけ、1年でも早く合格することは大切なことだし、それがあなたの夢を実現する最短につながります。

応援しています!

社労士試験の受験資格があるなら、下記の社労士予備校の講座を検討してください。

迷っているなら、まずはクレアール社労士講座の資料請求をしてみよう!

⇒ クレアール社労士講座(資料請求)

フォーサイトは、タブレット学習も可能で教育訓練給付対象講座です!

⇒ フォーサイト公式HP(社労士通信講座)

スタディングは、低価格・タブレット学習・スキマ時間で学習可能な講座です!

⇒ スタディング公式HP(社労士講座)

アガルートは、受講者増加中の社労士講座です。まずは受講相談してみるのもあり!

⇒ アガルート公式HP(社労士講座)

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しゃろうむ君

『1つのこと』を極めたい!この思いで仕事と勉強を両立して社労士試験に合格。これからやりたいこと→「労働・社会保険関連の専門書籍」を出すこと ≪実績≫社会保険労務士試験合格者 ≪実務経験≫労務・社保関連事務10年以上従事

-社労士受験資格