社労士試験

【社労士試験の難易度は関係ない!】合格したい気持ちを最優先にするべき

 

知りたいこと

社労士試験の難易度はどのくらい?挑戦しても合格できるかな?

 

記事の信頼性

この記事を書いている私は、社労士試験合格者です。受験生のときは、同じ疑問や悩みをもっていたので、経験者でないと絶対にわからないことを伝えます

 

これから、社労士の難易度について解説していきますね。

ポイントは、社労士試験の難易度は合格率5~7%でたしかに難しいですが、それでも『合格』できる試験です。

そもそも、難易度だけで自分の目標をあきらめますか?

私は社労士資格を取りたいと思ったとき、合格率1桁だから『自分にはむずかしい資格』は正直ムリだと思ったけど、あきらめることはできなかったです。

その理由は、この分野ではだれにも負けないと思えるものが欲しかったからです。社労士試験くらいの難易度になると、合格者のほとんどは挑戦するまえは同じことを考えると思います。

この記事では、難易度だけで受験をあきらめないで、挑戦すべき魅力ある資格であることをお伝えします。

 

1 【社労士試験の難易度は関係ない!】合格したい気持ちを最優先にするべき

 

難易度や合格率だけで受験をあきらめない!

 

結論は、社労士試験の難易度は高いけど、毎日勉強を継続すれば合格できます!

難易度が高いけど、合格できる試験であることを順番に説明していきますね。

まずは、試験の難易度を判断できるものとして、わかりやすい合格率を見てみましょう。

☑合格率(過去5年)

実施年度 合格率
令和2年度 6.4%
平成元年度 6.6%
平成30年度 6.3%
平成29年度 6.8%
平成28年度 4.4%

 

合格率が10%台の資格もむずかしいですが、国家資格で合格率が1桁だとレベルが一気に上がる印象があります。

簡単にいえば、100人受けて95人は不合格となる試験です。合格できるのは、たった『5人』なので難易度は高くむずかしいことはわかりますよね。

この合格した5人も、特別な勉強をしてきたから合格したわけではないと思います。実際、私も特別な勉強はしてないし、高学歴でもないけど、合格できたので実体験として自信を持っていえます。

社労士試験に合格するのに、特別な勉強方法なんてひとつもない!

これだけむずかしい試験だから、何か特別なことをしないと合格できないと思うかもしれません。ですが、努力をすれば合格できる試験であることは、こちらのデータを見てもらえればわかります。

 

「毎日少しでも勉強する時間を作る」!あとは、合格したい強い気持ちがあれば、難易度が高い社労士試験に合格できる可能性は十分あります。

 

 

出典:社会保険労務士オフィシャルサイト

 

社労士試験に合格している職業別割合ですが、ほとんど会社員などの社会人が挑戦して合格していることがわかります。

このデータから、

・合格者の約6割が働いている

・合格者の年齢層は30~50代で約8割を占めている

ことがわかりますよね。

 

先ほど、合格するのに特別にやることはない!といった理由がここです。

考えてみてください。

合格者の年代で見ても、仕事が忙しい・家庭を持ちながら時間を作り勉強しているはずです。それだけの時間的制限があるなかで、特別な勉強ができるはずがありません。

合格するための勉強はシンプルです。

たとえば、私の勉強方法はこうでした。

・テキストは頻出箇所は精読する、そのほかの箇所は流し読みする

・過去問を5回以上は反復学習(頻出箇所は10回以上繰り返す)

テキストと過去問は『1つ』に絞って徹底的にやること!

これが、基本とした勉強でした。

 

ですが、過去問を5回以上繰り返すだけでも、かなりの勉強時間が必要となります。ただ、このくらい勉強すれば合格できるレベルになれます。

私の経験談になりますが、確かに社労士試験はむずかしいですが、テキストや過去問を何度も繰り返し根気よく続けることのほうが『難易度』が高いです!

簡単にいえば、社労士試験に合格するより、勉強を続けることのほうがずっと難易度が高いと私は思っています。

それは勉強を継続した先に『合格』があり、合格レベルまで持っていくために、毎日仕事などをしながら時間を見つけて勉強することのほうが大変だからです。

 

ここがポイント!

試験内容の難易度より、毎日継続してテキストや過去問の勉強を続けることのほうが『難易度』が高い!

 

テキストや過去問を繰り返し勉強するのは、どうしても単調な作業をしているようで大変なことなので、ここで諦めてしまう人もかなりいると思います。

社労士試験に合格するには粘り強さが大事で、テキストや過去問題を人より多く勉強した人が合格できます。

だから、特別な勉強方法はありません。

ほとんどの人は合格率が1桁なら、すぐに受験をあきらめると思います。100人受けて合格するのが・・・たった5人前後なんて普通じゃないですよね!

でも、これだけ難易度が高い試験に挑戦しようか迷うのは、取得後のメリットや評価アップに繋がることを心の中でわかっていて理解しているからだと思います。

大切なのは、社労士試験に合格するために『人より1回でも多く問題を解く!』この気持ちがあれば、難易度なんて気にしないで挑戦すべきです。

 

2 私が考える社労士試験の難易度が高い理由

 

難易度を最も高くしているのは選択式試験である!

 

結論は、合格基準をクリアできない可能性が最も高いのが選択式だからです。

毎年、午前中に実施される選択式試験では、普段の勉強範囲では対応がむずかしい問題が出題されますが、ここを乗り切れるかが合否の分かれ目となります。

まず、こちらを見てもらったほうがわかりやすいですね。

 

青マルが空欄に対しての正解となります。

上記は、令和2年度に実際に出題された選択式の試験問題ですが、5個の空欄があり3個正解で合格基準はクリアできます。

何といっても、受験生泣かせなのがこの科目「労務管理その他の労働に関する一般常識」で、毎年あと1点足りず不合格となっている人がたくさんいます。

ちなみに、私もこの科目であと1点の重みを感じながら何度も不合格となっていました・・・

「労務管理その他の労働に関する一般常識」で多くの受験生があと1点足らずで落ちてしまう理由は、通常の勉強範囲では対応するのがむずかしいからです。

どこから出題されるのかまったくわからず、厚生労働白書や労働統計などから出題されたりしますので、一般常識と書いているだけに社労士を目指すなら知っていて当然といわれているようです。

それじゃ、ほかの選択式も同じようにむずかしいかといったら、そうとも限らないです。

つぎは、こちらを見てください。

 

青マルが空欄に対しての正解となります。

さきほどの、受験生泣かせの「労務管理その他の労働に関する一般常識」とはちがって、労災法の選択式問題はテキストの青マルをきちんと勉強していたら得点できます。

いくら選択式がむずかしいといっても、すべての科目で難問ばかり出題されるわけではありません。ほとんどは、しっかりとテキストや過去問を勉強していたら答えられます。

社労士試験に合格するためには、難問が出題されたときに得点できるような勉強方法ではありません。ほんとうに必要なことは『だれもが得点する問題を確実に正解できる』勉強をすることです。

『だれもが得点する問題を確実に正解できる』とはなにか?それは、基本事項を徹底して覚えこむこと!これに尽きます。

基本事項を徹底しておぼえれば、難易度が高い社労士試験でも合格できます。

 

そのために、やるべき勉強はとってもシンプル過ぎてけっこう根気が必要になりますね。

さきほども書きましたが、ほんとうに大切なことなので、もういちど確認しましょう!

・テキストは頻出箇所は精読する、その他の箇所は流し読み程度

・過去問を5回以上は反復学習(頻出箇所は10回以上繰り返す)

テキストと過去問は『1つ』に絞って徹底的にやること!

 

合格するためには、基本事項を徹底しておぼえる勉強はこれしかありません!こういった地味な勉強はほんとうに大変なことだし、心の中では必要な勉強とわかっていても避けたくなります。

でも、地味な勉強を根気よく続けて、基本事項をしっかりとおぼえれば合格できる可能性は十分あります!

 

合格率1桁=難易度が高い=合格はムリ! ではないです。

 

難易度が高い社労士試験に合格するために、もっとシンプルに考えてみましょう!

地味な勉強を根気よく=基本事項を徹底しておぼえる=合格する!

 

社労士試験に合格したいと思っている人は、社会人の人が多く時間がないかもしれませんが、挑戦したい!と思った気持ちを大切にしてほしいと思います。

そのためには、むずかしく考えるより、まずは挑戦してみてください。

最初の一歩を踏み出すと、けっこう思っていたより頑張れることに気づけます。

私が、そうでしたから。

 

この記事もおすすめ!

『【シンプルにこれだけ】社労士試験に独学で合格する勉強方法がわかる!』の記事でくわしく解説していますので、ぜひこちらも見てください。

この記事もおすすめ!

【社労士試験をわかりやすく解説】試験内容や合格基準がわかる!』の記事でくわしく解説していますので、ぜひこちらも見てください。

 

3 まとめ

 

ここまで、いかがでしたか。

社労士の難易度ばかりを気にしていると、ほんとうに大切なことが抜けてしまいます。

それは、挑戦したいと思った気持ちです。

現在のこと、これから先のこと、そう考えて社労士のことが気になっているのではないでしょうか?

考えていたら時間が過ぎて、1年2年後にあのとき挑戦していたら、もしかしたら合格していたかもと思うのは避けてください。

社労士試験は難易度が高くむずかしい試験ですが、ここまで書いてきたように勉強の仕方はシンプルなので、だれでも根気よく続ければ合格できるチャンスがある試験です。

いまは、過去でも未来でもなく「いま」しかありません。

応援しています!!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しゃろうむ君

『1つのこと』を極めたい!この思いで仕事と勉強を両立して社労士試験に合格。これからやりたいこと→「労働・社会保険関連の専門書籍」を出すこと ≪実績≫社会保険労務士試験合格者 ≪実務経験≫労務・社保関連事務10年以上従事

-社労士試験