社労士試験

【社労士資格 とってよかったこと!】未来の選択肢がいまよりさらに広がる

 

この記事を書いている私は、社労士試験合格者です。 受験生のときは、同じ疑問や悩みをもっていたので、経験者でないと絶対にわからないことを伝えます

 

社労士資格をとってよかったこと!

社労士資格をとってよかったこと、これまでとは違う大きな可能性が広がります!

 

もし、筆者が「社労士資格をとってよかった」ことはなんですか?と聞かれたら、

迷うことなく、こう答えます。

組織だけに頼る自分から解放された、そして選択肢が大きく広がった!

今後、おなじ質問をされたとしても答えは変わらない。

これが、社労士資格をとってよかったと思える結論です!

筆者のように、組織だけに頼りたくない、自分の実力を試したい、だから社労士資格をめざしている方は多いはずです。

この記事では、これからチャレンジしようか迷っている方に向けて、筆者が社労士資格をとってよかったと思うことを書いているので、ぜひ最後まで読んでください。

 

社労士試験にチャレンジするなら、下記の社労士予備校の講座を確認!

迷っているなら、まずはクレアール社労士講座の資料請求をしてみよう!

⇒ クレアール社労士講座(資料請求)

フォーサイトは、タブレット学習も可能で教育訓練給付対象講座です!

⇒ フォーサイト公式HP(社労士通信講座)

スタディングは、低価格・タブレット学習・スキマ時間で学習可能な講座です!

⇒ スタディング公式HP(社労士講座)

アガルートは、受講者増加中の社労士講座です。まずは受講相談してみるのもあり!

⇒ アガルート公式HP(社労士講座)

 

1 社労士資格をとってよかったと思う理由

 

最初に、いま社労士資格にチャレンジしようか迷っているなら、

時間がもったいないので、1日でも早くすぐに行動する。迷っている時間を資格を取るための時間に変えてください!

 

筆者もずっと社労士試験に挑戦しようか迷っていたけど、勉強を始めることでしか悩みを解決できなかった。

すでに、社労士資格に興味があるなら、挑戦することでしか悩みは解決しないはずです。

 

いま、社労士試験に挑戦しないと、

あのとき、社労士試験に挑戦して資格をとっていればよかった。

こう思うはずです。

 

筆者は、社労士試験にチャレンジしてなかったら、いまも後悔していると断言できます。

ここから、社労士資格をとってよかったこと、これを細かく具体的に説明します。

 

組織に依存しなくなる

組織に依存しない実力の証明になる!

筆者のなかでは、組織に依存しない実力の証明こそ、社労士資格をとってよかったことです。

 

組織のなかの1人でいるのか、組織を相手にできる1人になるのか。

 

社労士資格を取ることで、この言葉は実現することができます。

社会的な評価を高める方法として、資格を取って公に実力を証明することがあります。

資格の難易度が高いほど、社会的評価は高く、会社や同僚などからも評価を得られます。

弁護士や司法書士と並ぶ士業として、社労士資格は法律で独占業務が定められているので、資格者だけにしか認められない業務ができます。

つまり、社労士資格を持つことで「あなただけ」にしかない独占業務があるので、組織に依存しない働き方も実現できることを意味します。

 

実力次第では独立もできる

独立開業ができる!

社労士資格を取ったからこそ、職業の選択肢が広がったからこそ実現できることです。

 

労働者から、すべて実力勝負の経営者へ。

 

実力があれば、収入も責任もこれまでよりやりがいのある世界へ飛び込める。

キラリと光る「強み」がなければ、独立しようと考えるのは現実的ではないですよね。

だけど、社労士資格なら法律で定められている「独占業務」という「強み」があります。

猛勉強の末、勝ち得た絶対ゆるがない強みがあれば、独立開業だって夢で終わらない。

というより、終われないですよね!

筆者も、必ずいつか独立して見せる、この気持ちだけは常にもっています。

そのために、自己啓発は欠かせません!

 

社労士資格を取得した自信は一生の財産になる

社労士資格をとったことは、筆者のなかでは一生の財産となっている。

 

社労士資格という一生の財産は、あなただけの揺るがない自信になります。

 

これは、まちがいありません。

人それぞれ、考え方は違うけど「社労士資格」はそれくらいの価値は十分あると思っている。

100人受けて5~7人しか受からない試験、だれもが挑戦することをためらいます。

だれもが挑戦しない資格だからこそ、大きな価値があるんです。

だからこそ、試験に合格した成功体験は揺るぐことがない一生の財産です。

 

社労士資格に挑戦しなかったらいまも悔やんでいる

社労士試験に挑戦していなければ、「今も」まちがいなく後悔しています。

 

あなたも、いま迷って挑戦しなければ、この先ずっと後悔しませんか?

 

筆者が社労士試験に挑戦したのは、組織の1人であることに納得ができなかったからです。

ですが、試験に挑戦しようと決意するまで、平凡な自分が合格できるのか、いや受からない、こんな葛藤を繰り返していました。

平凡な自分が受からないと諦めていたら、今ごろ後悔ばかりしていたのは確実です。

社会人になって、職業人として納得できなかったら、根底が崩れてしまいそうになります。

挑戦しようか迷っている「あなた」に伝えたいのが、まさにここです!

 

社労士資格に「いま」チャレンジしなければ、後悔しませんかということです。

 

とにかく必死になって、今ある可能性に手を伸ばして掴んでください!

 

2 社労士試験にチャレンジしようか迷っているひとへ!

 

この記事を読んでいるのは、社労士試験に挑戦しようか迷っているからではありませんか?

これまでも、なんども社労士試験を受けようと考えてきたはずです。

 

社労士試験に挑戦しようと考えたのは、

・会社員としての将来

・現状の不安

・専門性のある仕事がしたい

こんな悩みがあるからではないですか。

 

現状を変えたい、今のままで終われない、だから社労士試験にチャレンジしてみたいと。

もう、吹っ切れたつもりで『社労士試験』に挑戦しましょう!

いま、この瞬間に決心しないと、この先ずっとモヤモヤしますよ。

 

社労士試験に合格するため、がんばって勉強することは素晴らしい時間になります。

とはいえ、どうやって勉強するべきなのか、わからないことが山積みですよね。

 

まずは、受験のことはプロに任せるのが、社労士試験を突破するポイントです!

 

通信講座なら、教材やスケジュールはすべて予備校にお任せして、あとは勉強だけに集中できることが「強み」となります

限られた時間のなかで、どう勉強するかは合否に直結します。

社労士試験のプロである予備校の通信講座で勉強することが、合格への最短ルートです。

やると決めたなら、先延ばしにしないで挑戦しよう!

社労士試験にチャレンジするなら、下記の社労士予備校の講座を確認!

迷っているなら、まずはクレアール社労士講座の資料請求をしてみよう!

⇒ クレアール社労士講座(資料請求)

フォーサイトは、タブレット学習も可能で教育訓練給付対象講座です!

⇒ フォーサイト公式HP(社労士通信講座)

スタディングは、低価格・タブレット学習・スキマ時間で学習可能な講座です!

⇒ スタディング公式HP(社労士講座)

アガルートは、受講者増加中の社労士講座です。まずは受講相談してみるのもあり!

⇒ アガルート公式HP(社労士講座)

 

3 社労士資格をとっても意味ないというのはどうして?

 

人事・社会保険手続は簡単だという勘違い

舐めないでほしい、社労士という資格と専門性を!

社労士資格をとっても意味がないという言葉を聞いたりしますが、確かに資格がなくても社会保険関係の手続きはできます。

だけど、総務や人事担当者が仕事として日々やっているからであり、だれでも簡単にできるものではない。

筆者も総務事務を長年経験したからわかるけど、労働保険や社会保険手続は業務は細かな規定を理解していないと、職員の利益不利益にもなります。

 

ポイント

会社の事務職員は、何百万という給料の対価として、手続き業務を専門に仕事をしているプロフェッショナルです。

 

さらに、社労士として開業している先生は、より専門性を持って高度な知識で企業労務の向上に努めているんです!

人事労務・社会保険手続は簡単だというのは、まったくわかっていない証拠です。

 

士業イコール独立はうまくいかないという先入観

お近くの社労士事務所は廃業してますか?と逆に聞きたいですね!

そして、廃業した社労士事務所を今までどのくらい見たのですか?ということ。

具体的な根拠がないのに、社労士で独立しても上手くいかないという言葉、これは気にすることなんてまったくないです。

社労士資格は法律で定められた独占業務があり、難関試験を突破した高度な知識がある専門職業人。

だから独立した場合、どういった戦略をもって経営していくのか、ここがしっかりとしていれば廃業する確率のほうが低いですよ。

社労士資格を持っている人は、高度な専門知識をもったスペシャリストです!

 

そもそも社労士資格を理解していない

最低限、社労士資格に合格してから「意味がない」と言うべきですね。

試験に合格できるだけの知識もないのに、社労士資格は意味がないということ自体、ほんとうに「意味ない」です。

そもそも、社労士というのはどういった根拠がある資格なのか説明すらできないはずです。

合格できるだけの知識を持つため、どれだけの勉強と知識が必要なのか、経験したことがある人にしか社労士資格の価値はわかるはずがない!

だから、これから社労士試験にチャレンジしようとしているなら、資格をとっても意味がないという言葉なんで、まったく気にする必要なんてないですね。

ほんと笑っちゃいますよ、社労士資格をとっても意味ないなんて。

 

4 まとめ(社労士資格とってよかったこと)

 

筆者は社労士資格を「とってよかった」と、自信をもっていえます!

資格をとってよかったと思うことは、

・組織に依存することがなくなる

・実力があれば独立開業もできる

・社労士資格を取得した自信は一生の財産になる

・社労士資格に挑戦しなかったらいまも悔やんでいる

これはまず実感できます。

 

また、社労士試験を受けようか考えているなら、いつまでも迷っていても時間がほんとうにもったいないです。

今すぐ勉強する決意をしなければ、あのときやっておけばよかったと後悔しませんか?

決断が遅くなるほど、チャレンジができなくなります。

資格をとっても、思い描く夢がどれだけ実現するかわかりません。

 

だけど、社労士になりたいと思う気持ちを実現させるには、いまやるかどうかしかない。

合格という結果を出せるのは、行動したひとだけに与えられる評価です。

社労士資格をとってよかった!

こう思うため、今からすぐにはじめましょう。

応援しています!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しゃろうむ君

『1つのこと』を極めたい!この思いで仕事と勉強を両立して社労士試験に合格。これからやりたいこと→「労働・社会保険関連の専門書籍」を出すこと ≪実績≫社会保険労務士試験合格者 ≪実務経験≫労務・社保関連事務10年以上従事

-社労士試験