社労士試験

【社労士と行政書士】勉強には向き不向きがある!

 

知りたいこと

社労士試験と行政書士試験なら合格しやすいのは?

 

記事の信頼性

この記事を書いている私は、社労士試験合格者です。受験生のときは、同じ疑問や悩みをもっていたので、経験者でないと絶対にわからないことを伝えます

 

わたしは、社労士試験と行政書士試験のどちらも受験経験があるので、経験談を踏まえて解説していきますね。

この記事を読むことで、社労士と行政書士ではどちらが合格しやすいのか、そして自分に向いている勉強についてもわかります。

それでは、順番に①~②の内容について説明していきますね。

 

1 【社労士と行政書士】勉強には向き不向きがある!

 

結論は、わたしが実際に試験を受けた意見は、社労士は『暗記型』で行政書士は『現場思考型』です。

 

ここから、はじめに行政書士試験、そして社労士試験と順番に説明しますね!

 

行政書士試験の『向き・不向き』を考える

 

行政書士試験は、試験会場で実際に問題をみて、考えて答えを導きだす『現場思考型』の試験です。

わたしは、社労士試験に挑戦するまえは、はじめは行政書士を取りたいと思い1回だけ試験に挑戦しましたが・・・みごとに不合格となったので、すぐに2回目は受けないと決めました。

 

行政書士を1回の受験であきらめた理由は、

・過去問は試験にあまり出題されない

・たくさん勉強しても得点があがらない

・記述試験の対策がむずかしい

・一般常識・時事問題がどうも合わない

 

試験が終わって、あぁ~これはわたしには向かないとすぐに悟りました。

だから、2回目は受けないで勇気ある撤退をしました!

2回目は挑戦しないと決めた理由は『勉強しても点数が取れない』と思ったからです。たしかに、合格するぐらい勉強したかといえば?ですが、それでも400~500時間はまじめに勉強しました。

だけど、さらに300時間くらい勉強を積み重ねても合格できるの?って感じです。

考えてみると、わたしは学生のころから「暗記」が得意だったので、行政書士試験の形式が合わなかったんですね。

行政書士試験が自分に向いている試験なのか、それとも不向きの試験であるかは、学生だったときの自分を思い出すことがヒントになります。

 

社労士試験の『向き・不向き』を考える

 

社労士試験は、勉強量と比例して得点できる『暗記型』の試験です。

わたしは、行政書士試験は不合格でしたが、社労士試験は合格することができました。

社労士試験に合格できた理由は、

・過去問が出題される比率が高い

・勉強量に比例して得点があがる

・マークシート形式で記述がない

・試験範囲が労働・社保関連と限定

 

社労士試験も1回目は不合格でしたが、本試験では合格ライン付近まで得点できたので、わたしには向いている試験だと確信できました!

 

わたしは暗記が得意なので、このまま勉強を続ければ合格できる手応えがありました。

 

1回目の試験に挑戦したときの勉強時間は約1,100時間です。

本試験で合格ライン付近まで点数が取れたといっても、社労士試験は合格率が1桁でむずかしい試験です。

合否の分かれ目に資格の難易度もありますが、勉強自体の『向き・不向き』を見極めることが大切です!

わたしは暗記が得意だったので、社労士試験は向いていたから合格できたし、あきらめず勉強を続けられました。

はじめから向いていないと判断したなら、勉強を続けることはできなかったです。

もし、社労士かそれとも行政書士の試験に挑戦しようか迷っているなら、この記事はひとつの「判断材料」になるはずです。

 

資格自体の勉強内容に『向き・不向き』がありこれはかなり重要なポイントです!

 

社労士試験ならこちら!

【シンプルにこれだけ】社労士試験に独学で合格する勉強方法がわかる!』の記事でくわしく解説していますので、ぜひこちらも見てください。

 

2 気になる!社労士と行政書士合格しやすいのはどっち?

 

結論は、自分が勉強したいと思う試験のほうが合格しやすいに決まっています!

理由は、社労士も行政書士もどちらも合格率が低いからです。

 

☑合格率(令和2年度)

・社 労 士    6.4%

・行政書士  10.7%

 

むずかしい試験であることは、この合格率をみればハッキリしてますよね。

だから、わたしはどちらの試験が合格しやすいとか、それはまったく気にしなくていいと思います。

社労士と行政書士どちらの試験も、合格しなければ受験が長引くことになります。

それでも、合格するまで頑張れるかはどうかは、資格自体の勉強そのものが自分に合っていなければ続けられません。

 

結局は、自分が勉強しやすいと思う資格に挑戦することが『合格』しやすい試験です!

 

社労士試験ならこちら!

【社労士試験をわかりやすく解説】試験内容や合格基準がわかる!』の記事でくわしく解説していますので、ぜひこちらも見てください。

 

3 まとめ

 

ここまで、いかがでしたか。

社労士試験か、それとも行政書士試験か、むずかしい試験ならどちらに挑戦しようか考えると思います。

迷うのは、当然だと思うし真剣に考えているからこそです。

自分の適性というか、得意なことや苦手なことってありますよね。

もし、決めることができないなら、まずは向いていると思う試験に挑戦してみてもいいと思います。

たとえば、社労士に興味があり勉強が向いているなら、社労士試験に合格してから行政書士試験にチャレンジするとか。

まずは、自分が向いていると思う試験におもいきって挑戦してみましょう!

応援しています!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しゃろうむ君

『1つのこと』を極めたい!この思いで仕事と勉強を両立して社労士試験に合格。これからやりたいこと→「労働・社会保険関連の専門書籍」を出すこと ≪実績≫社会保険労務士試験合格者 ≪実務経験≫労務・社保関連事務10年以上従事

-社労士試験